夜勤のないところで働きたい

看護士だと、求人はたくさんありますが、希望通りの条件の求人がある訳ではありません。

 

 

 

看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤のないところで働きたいとほとんどの方が思っています。希望に合う勤め先に転職するためには、情報収集が重要です。看護師の転職を成功させるには、将来の自分のことを想像して迅速に行動することが重要です。

さらに、何を重点的に考えるのかを決めておくことをお勧めします。

将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに沿った転職先の情報を少しずつ収集してください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は増してきているのです。加えて、大会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しています。

 

このような事例の場合は、その会社組織の社員として入社をすることもありうるでしょう。

 

 

 

看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。

 

厳しい学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師をいいます。看護師と聞くと病院、クリニックの印象が強いですが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所に勤務している人もいます。

仕事の中身、役割といったことは勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康を守り、管理することは基本的な仕事でしょう。

 

 

看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間の勤務となっているので、仕事中に仮眠をとることが可能です。

国の指針では、月に8回までとされていますが、それを超えることが多いのが現状です。仕事をしている病院の勤務形態では、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。

看護師の国家試験は、年に1度あります。

看護師の人数の不足が問題となっている日本にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を持ち続けています。

 

 

 

看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をクリアできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。

 

 

 

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても変わります。

一般に、2交代制か3交代制のシフトで回していることが多いです。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を取り入れている病院が多いです。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。看護師免許を得るには、何通りかのパターンが挙げられます。看護師免許を取得するには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護について勉強する必要があるのです。看護師の勤め先といえば、病院だと思うのが普通でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。

 

 

 

保健所で保健師と協力し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役割です。

それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。

ナース求人サイト